【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませたの漫画が読めるサイト

すぺしゃるじーとチンジャオ娘のエロ漫画「【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた」の無料ネタバレや感想を紹介しています。

婚活

40歳を過ぎた人たちが結婚する相手になかなか出会うことができない

40歳を過ぎた人が、結婚相手になかなか巡り合うことができない、そのせいで婚できないというのは言い訳です。40歳以上に限らず、本気で結婚する気持ちがあって、婚活で失敗してもめげない人なら結婚のチャンスはあるはずです。その年齢まで残っている人は、それぞれが様々な経験をしていることもあって、相手の性格は、こうでなくてはならない、さらに、年収はいくらで、ルックスはあれっぽく、、、と決めつけてしまっていることが結婚の妨げの原因になっている場合が少なくありません。

40歳以上の人たちが、結婚相手になかなか巡り合うことができない、だから結婚できない、は間違っています。40歳以上に限らず、本気で結婚する気持ちがあり、相手に断られてもめげない人がいつかは結婚の可能性はあると思います。その年齢まで独りでいる男女は、それぞれが様々な経験をしていることもあり、相手の性格は、こうでないと困る、年収はいくらないと話にならない、ルックスは、、、と条件を設定しすぎてしまうことが結婚の妨げの原因になっているのです。要するに、自分の固定観念によって、結婚のチャンスを逃しているわけです。おまけに、40歳以上の人たちは、一人でいる期間が長いため楽をしたいと思う傾向があって、知らず知らずに結婚相手に対する要求が高くなってしまう。自分では気づきにくいのですが、冷静に考えてみると、「高望み」しているだけだったりします。

婚活パーティーや結婚相談所に登録する前は、マッチングサイトもしていました。自己紹介欄を覗いて相性が良さそうだと思った人に積極的にメールを出したり、その逆に受け取ったりして、何度かサイト内でやり取りして意気が合って、いい感じ…とここまではたいていとんとん拍子に進行するのですが、どうした訳か「近々お時間があったら一度会いませんか」と申し出たら、「近頃多忙で難しい」と拒否されることが多くありました。断られた理由ははっきりとはわからないのですが、もしかしたらメールでするやり取りのみで相手は満足してしまっているのか、何より先へ進むのが他の方法とは異なり巨大な障害なのだと感じました。メールでやり取りを行っているのみでは時間がすごくもったいないと感じるのですが、思いのほか男性側はそうではない方が結構多くいるみたいです。私の場合早いうちにマッチングサイトは卒業しました。また、メル友が欲しい方でないなら、婚活は他の手段の方がマッチングサイトより何倍も短期間で相手を見つけることができると感じます。

私が結婚相談所に登録していた際、紹介してもらった相手のお見合い用に用意された写真と実際に見た姿のギャップにびっくりすることは正直言うと、少なくなかったです。ちなみに私は女なので、紹介してもらっていたのは男性ですが、特に髪の量が全く持って異なることがあります。初めての待ち合わせに行った際に見つけ出すことができないほど、お見合い写真より髪のボリュームが圧倒的に少量なのです。私はこの出来事を特に責め立てる気持ちはないのです。また、髪が少ないことが嫌だというわけでもないし悪いという訳ではありません。ただ「写真にうそあり」というのは、信頼関係にヒビができるのでは?と思ってしまうのです。そもそもお見合い写真を撮影する時に髪の毛をそういったボリュームにできるのならば、大事なお見合いの当日に一生懸命頑張ってセットしていただきたいですし、もし、できないのならば初めから本来のスタイルで小細工せず勝負する方が良いのではないでしょうか。嘘をつかれたような感じになって、お見合いにおいても感情が入らなくなります。男の人はしっかり考えて私と同じように思っている女性は多いと思います。男性の方はよく考えてお見合い写真を撮られた方が好ましいと考えます。

-婚活

Copyright© 【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませたの漫画が読めるサイト , 2019 All Rights Reserved.